wolfSSL Japan 合同会社

wolfSSL Japan  合同会社の企業情報
東京都

会社情報

ネットワークデータを安全に

オフィス、工場、交通、医療現場などあらゆる分野につながるIoTが浸透しています。社会活動の基盤を支え、その安全性が時に人命を左右する危険をもはらむ今、もはや「ネットワークセキュリティ」はあって当然のものになりつつあります。

そんな中、人が使うパソコンやサーバ、あるいは企業ネットワークに向けてあらゆる側面でセキュリティを標榜しビジネスを展開するベンダーは数多く存在します。一方、製品の中に組み込まれてその製品の安全を守る組み込みシステムのセキュリティについてはあまり注目されていませんでした。

しかし、IoT時代には人が利用するパソコンのようなものだけでなく、あらゆる機器がネットワークに接続されます。そのような機器や機器を含めたシステム全体の安全が重要な課題となってくることは当然の流れでした。その可能性にいち早く目をつけていたのが、ネットワークセキュリティの世界的専門ベンダである「wolfSSL」。創業者が、製品組み込み用として安心して利用できるセキュリティライブラリの潜在ニーズに気づき、同社を創業したのは2004年でした。

そのニーズは、オープンソースによる開発で実現させました。商用ライセンスとのデュアルライセンスで提供するビジネスモデルと融合させ、事業の継続性を確立。この分野で世界のオンリーワン企業となり、現在の取引実績は世界1000社以上になります。日本でも多くの業界No.1企業を顧客に持ち、さらに成長を続けています。

当社はロケーションを問わず独自の技術を持つエンジニアの技術を結集することを基本ポリシーとしています。従って、多くのエンジニアは基本的にリモート環境で勤務し、米国、欧州、オーストラリア、日本と多国籍のエンジニアが在籍しています。そういう背景で、この度は日本から腰を据えてプログラミングスキルを磨きたい人、セキュリティ技術、暗号技術を掘り下げたい学生を応援するためにリモートインターンプログラムを企画しました。

事業内容

ネットワークセキュリティプロトコルと関連ソフトウェアの開発、提供、サポート

  • 軽量な組み込みセキュリティのためのテクノロジーを提供
  • 自社独自開発のネットワークセキュリティライブラリを開発、販売・サポートを世界展開


会社の雰囲気

アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリア、そして日本と、多国籍のエンジニアが30名強在籍しています。そのうち、日本在住のエンジニアは3名。多くがフルリモートで勤務しており、グローバルチームとして国境の隔てなく連携して、エンジニアリング業務を進めています。

現在のCTO(最高技術責任者)は、創業時の中心エンジニアであり、その他の中心的エンジニアの定着率も極めて高い点は、エンジニアを大切にするwolfSSLの一つの特徴でもあります。

また、現在は一時的に休止していますが、グローバルチームが一堂に会し、オフラインで会う機会も設けています(現在はオンライン開催)。


wolfSSL Japan 合同会社の長期インターン